リフォーム・工事

リノベーション

アスパが提案する
入居率がUPするリノベーション

築年数が数十年を超えるような物件の場合、リフォームよりもリノベーションによって新築並の仕様に変更してしまうほうが、賃料や入居率を大幅に改善することができる場合があります。しかし賃貸経営である限り、高額な費用をかけた自己満足のリノベーションではなく、投資に対する回収計画がしっかりできているリノベーションでなければ意味がありまません。

アスパでは、再投資という概念のもと費用対効果を第一に考え、時代や地域のニーズに合わせたリノベーション計画をご提案し、設備なども一新させるとともに住宅の持つ価値を高め、入居率のアップへとつながる施工をいたします。

リノベーションとリフォームの違い

  • リフォーム

    物件の当初の状態に近づくように復元させる。表面的な修繕や不具合のある箇所を部分的に対処することをいいます。いわゆる退去後の住宅の原状回復工事などもリフォームとなります。
  • リノベーション

    時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させることです。施工前と比べるとまったく別の住居に生まれ変わります。

リノベーションのメリット

  1. merit01

    物件の価値を高め家賃の値上げが可能になる

    内装を全面的に改修すると、ほぼ新築のようなに生まれ変わります。築数十年の物件であっても、まるで新築のようなきれいな部屋になります。当然、その価値に見合った家賃に変更することも可能となります。

  2. merit02

    時代のニーズに合ったデザインにできる

    仮に築30年のマンションであれば、当然その内装デザインは30年前のトレンドということになります。リノベーションで、より現代のニーズに合わせたデザインにすることによって、今までよりも多くの入居者が見込めるはずです。

  3. merit03

    物件の価値を高める

    リノベーションは単なる修理改修ではなく物件に新たな価値を生み出すものです。建物の立地条件や周辺環境などを考慮し、集客ターゲットにマッチしたリノベーションを行うことで確実な入居率の増加につなげることができます。

リノベーション事例

淀川区のアパート

風呂無し2階建てアパートをフルリノベーション。2階に風呂を設置できるかが問題でしたが、構造上問題なさそうでしたのでお風呂も設置。綺麗にフルリノベーションを行い、一部屋辺り家賃3万円アップに成功した事例です。

Before
After

東淀川区のマンション

かなり築が古い1Kのマンション。和室を洋間に変更し、壁紙と塗装を上手く使い分け、明るく清爽感と温かみのあるオレンジを問いいれた部屋に仕上がりました。入居者層も若返り、物件自体に活気が復活した事例です。

Before
After

戸建て賃貸

生前贈与でご祖父から受け継いだ戸建て住宅を、リノベーションして賃貸にしたいと相談を頂きました。相続は、ただ受継ぐだけでは負の遺産にもなりうるケースもあります。きちんと市場調査を行い使い勝手の良いリノベーションを施し、賃貸してキャッシュフローが生まれれば優良な資産へと変わります。

Before
After
Before
After
Before
After
Before
After
Before
After

我孫子のマンション

かなり老朽化が進んだマンション。退去後の部屋がとてつもなく汚かったので、フルリノベーションをご提案。デザイナーも入ってもらい綺麗に仕上がり、家賃アップに成功した事例です。

Before
After

北区のマンション

きちんと管理がされておらず、空室もほったらかしの状態。漏水の影響で天井が落ちている部屋もありました。一気に27戸の空室を全部改装。1階部分に駐輪場を作り、3ヵ月後に満室。月間収入100万円以上アップした事例です。

Before
After