相続関連,自己啓発・勉強会 相続支援コンサルタントの講師に呼ばれました

相続支援コンサルタントの講師に呼ばれましたのアイキャッチ

昨日は、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会にお招きいただき、相続支援コンサルタントを育成するための講師をさせて頂きました。

 

相続支援セミナー講師

相続支援コンサルタントの育成セミナーの様子

私の担当する講義内容は『遺産分割』についてです。

相続における大原則として

 遺言書が有るか?無いか?

というのが重要になります。

遺言書がある場合は、遺言書に書かれた通りに遺産の行先は決まります

遺言書が無ければ、相続人全員で、遺産分割協議を必ず行わなければ行けません。

遺産分割協議が整わなければ、調停所に遺産分割の申し立てを行う事が出来、
調停でも協議が整わなければ、審判へと自動的に移行します。

 

実際問題、ここまでくると
相続人は互いを非難し、憎しみ合っている場合が殆どです。

仲の良いはずの
実の家族、実の兄弟が
相続が原因で憎しみ合うなんて
私は、本当に悲しい出来事だと思います。

ですので、我々相続を支援させて頂く者は
とにもかくにも、先ずは遺言書を書いて頂くことを切実に願っています。

遺言書を書く。

その先には、今ある資産をどのように分けるか?

また、今お持ちの不動産が相続するのに有益な資産なのか?
逆に無益で無用の資産で、組替を要する資産なのか?

と言った事を考え
資産の属性を深く、細かく考える必要があります。

しかしながら、今の世の中では
不動産の本質を知らない税理士の先生が
おかしな分割方法を提案されていたり

相続税が安くなるという歌い文句で
無益な木造アパートの建築を提案されていたりすることが
往々にしてあります。

私たちは、また全く違った視点で
不動産管理のプロ、資産コンサルタントのプロとして
本当に有益な方法をご提案させて頂きながら
相続支援のお手伝いを行いたいと強く思っています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賃貸経営の改善サポート と 相続支援コンサルティング
山本雅仁

関連記事

  1. HOME
  2. コラム
  3. 相続関連,自己啓発・勉強会
  4. 相続支援コンサルタントの講師に呼ばれました